淡水海水30cm生活

淡水海水30cm生活

小型水槽による熱帯魚の飼育記録

カクレクマノミ住処の移動

海水30cmキューブ水槽で飼育しているカクレクマノミは、今まで水槽右手前のツツマルハナサンゴを住処にしていました。

 

寝るときは必ずここにいて、侵入する他の生体がいれば基本的に追い払います。

しかし、スリスリしすぎたせいでハナサンゴが調子を崩しているという事実も・・・。

 

↓ 今までの住処の様子についての記事

tomuzin.hatenablog.com

 

そこに先日、アクアリウムトールマン海浜幕張店で購入したハナサンゴのゴールドとクリアの2個体を追加しました。

 

↓ ハナサンゴ追加購入時の記事

tomuzin.hatenablog.com

 

そうすると導入1日目にしてハナサンゴ(クリア)に住処を移動したのです!

やはり萎縮したハナサンゴは不服だったのでしょうか。

スリスリ⓵


スリスリ②

今度はこちらのハナサンゴが萎縮してしまわないか心配になるので、引っ越しが良いことなのかは微妙ですが、カクレクマノミは喜んでそうですね。(笑)

 

購入するときに教えてもらったのですが、このハナサンゴ(クリア)は茎の付け根がグリーンで珍しいタイプなんだとか。

今のところは元気に見えるので、このまま維持できることを祈ります。

 

それではまた。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
にほんブログ村

ツツマルハナサンゴを追加

海水水槽の調子が回復してきたので、念願のサンゴ追加をするべく、再びトールマン海浜幕張店にお邪魔しました。(3回目)

 

水槽右側をハナサンゴ畑にしたいという思惑があり、今いるのと色味が異なるハナサンゴが狙いです。

 

今いるのがグリーンなので、他のバリエーションとしてはゴールド、ピンク、クリアくらいがあるだろうか。

 

品揃えがすごいので目移りしましたが、同じ水槽のこの2つが気に入ったので購入しちゃいました!

①憧れのゴールド

②珍しいクリアカラーのベースグリーン

この日は不覚にもオレンジレンズを忘れてしまい、この写真では伝わらない。。(泣)

 

接触についてかなりデリケートなサンゴなので、こんな感じに発泡スチロールで逆さに浮かべてパッキングしてくれてます。

コメント付きありがとうございます!

 

去年5月にトールマン本店で購入して以来の久々のサンゴ追加になります。

左がゴールド、右がクリアです。

クリアは3株になりかけですね。

 

温度合わせ → 水合わせ → 薬浴 → 飼育水で濯ぐ

そして導入!

夜だったのでライトは消灯してますが、奥が①ゴールド、手前が②クリアです。

設置場所の関係で、クリアの土台になっていたライブロックは外しました。

 

翌日の点灯時間をワクワクしながら待ちました。

 

翌日の朝・・・

 

ゴールドは茎の黄色が美しい!(前面ではなく半々な感じかな)

先端のブルーチップもいい感じ。

 

クリアは一見地味ではありますが、先端のチップが一番目立ってますね。

 

そして、昼頃・・・

結構膨らんできました!

 

それは良いのですが

ゴールドがエダコモンサンゴに接触しててヤバイ!

ハナサンゴは毒性が強いため、触れた部分が死滅してしまいます。

 

ゴールドについている土台を外して接着し直すことにしました。

ハナサンゴは時間や調子で開き具合が変わるので、接触について特に気を付ける必要がありますね。(ハナサンゴ同士もですが)

 

 

1週間後・・・

良い感じのハナサンゴ畑になりました!

既存のハナサンゴの触手がもう少し伸びてくれるとバランスがとれるかな?

 

次は何のサンゴをどこに行こうかなと考えつつ、まずはサンゴの調子を維持できるように管理していきたいと思います。

 

それではまた。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
にほんブログ村

オロチをお迎え

黒いメダカといえばこれ

オロチをメダカ水槽に追加しました。

 

オスとメスのペアです。

 

これで今のメダカ水槽のメンバーは以下になりました。

  • オロチ×2匹
  • スズラン×2匹
  • 紅薊×3匹

まだ餌への反応など馴染んでいない感じがありますが、その内慣れてくれるかな。

 

背景がカーテンだと寂しい感じがしたので、試しにカレンダーの切り抜きを当ててみたら、予想外に白い砂と雪景色がマッチしてます。

白砂と砂利が混ざってしまっているので、その内底砂をリセットしよう・・・。

 

メダカは上に行きがちですよね。

 

久々のメダカ水槽についてでした。

 

それではまた。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水槽へ
にほんブログ村